平均年収の考え方

高給取りが勝ち組であるかはその人の考え方であるので、1つの例えと思ってこのブログを読んで欲しい。勝ち組になりたいという願いを若い頃から抱いていた女性は職業として平均年収が高い職業を選ぶ傾向がある。医師や弁護士、薬剤師や記者などはその代表的なものだろう。資格やスキルが必要になることも多いため、若い頃からしっかりと準備をして給料が高い仕事をしようと努力している人も少なくない。しかし、実際に仕事を始めて年月が経ってみると、他の人達と年収が変わらなかったり、さらには他の人に年収で負けてしまったりしていることもよくある。せっかく平均年収が高い職業で働けるようになったのにどうしてだろうと悩む人もいるだろう。しかし、実際にはあくまで平均なので年収にも大きな幅がある場合もあれば、極めて幅が狭いこともあるのだ。平均年収が低い職業であっても年収の幅が広ければ、その業界の中で秀でた働きをして活躍した方が年収が高くなる可能性がある。医師や薬剤師のようにあまり昇給の機会がない職業の場合には勤務したての頃から給料は高めでも、40代、50代となったときに他の職業に比べると収入で劣ってしまうことがよくあるだ。医師や弁護士として独立した場合には自分がどれだけ働いて稼げるかに大きく年収が依存する。そのような兼ね合いも念頭に置いて職業を選ばないと、勝ち組になりたいという夢を果たすのは難しい。そのため職業を選ぶ際には平均年収という言葉に惑わされないようにしておくことが賢明な考え方と言えるだろう。